« タイムトリップ | トップページ | 京土産、だけど… »

2008年10月 9日 (木)

背伸びして

歩いているとふわんと金木犀の甘い香りが漂ってくる季節になりましたね。

この前木屋町にある骨董屋「ギャルリー田澤屋」へ母と訪れました。

京都へ観光で訪れることがたのしみだった学生の頃、河原町にある「田澤屋」さんへ母に連れて行ってもらったのが初めてでした。

ちょうどその時はクニエダヤスエさんがしつらえたテーブルコーディネイト、鈍色に輝くガラス、ランプ、大きく活けられた花、背伸びしてみせてもらえた異国のような大人の雰囲気溢れたお店はしっかり脳裏に焼き付いていました。

今回は木屋町のギャルリーの方へ。

4509

幕末の町屋のお店、テーブルや椅子、グランドピアノある空間にアンティークのガラス、ランプ、古伊万里が美しく飾られ、畳の間はしっとりモダン、緑豊かな奥庭臨むゆったりしたテーブル空間あったり美しいおうちを探検させてもらっている気分。

素敵な空間にうっとり、学生の頃から随分経ってもまだ背伸びしながら憧れてしまう大人の雰囲気いっぱいです。

ギャルリー田澤屋  京都市中京区木屋町通二条通西入る 075-231-8700

club 11月は七五三ですね。

4074

くっきり鮮やかな黄色に大きな花模様が描かれた小紋です。

色合い、柄行き、七五三にぴったり。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage.3.nifty.com/bi_ho

|

« タイムトリップ | トップページ | 京土産、だけど… »

京都アンティーク」カテゴリの記事