« あれれ… | トップページ | 小さなかわいらしい世界 »

2008年10月19日 (日)

どのくらい?!

葉っぱが赤や黄金色に染まり始め、葉っぱを踏みしめるくしゅっくしゅっという音。

しっとりした秋の足音を感じさせてくれますね。

どのくらい色づいているかな、と燃えるような紅葉の美しい永観堂をこの前訪れてみました。

一歩境内に足を踏み入れると、東山の切り立った崖に沿うようにお寺が広がっているんだなーと感じます。

この日訪れたのは夕方。

4485

やわらかな日差しが心地よかった楓に囲まれた回廊、これから真っ赤に染まるだろうな、と秋色に想いを馳せました。

そして放生池の廻りはたくさんの楓に囲まれた小道。

4496

亀がのんびり泳ぎ、鴨の親子が仲良く泳ぐ放生池は、少しずつ色づき始めた楓やすすきが揺れていました。

朝夕の冷え込みがぐっと厳しくなると、楓映す鮮やかな鏡が眺められそうです。

永観堂  京都市左京区永観堂町48

club 仕立て上がっている紹紦(しょうは)織りの名古屋帯です。

4693

紹紦織りは凹凸がほとんどない平仕立ての帯。

そのためすっきりした印象です。

名物裂文様の笹蔓文様があしらわれ、かわいらしい雰囲気いっぱいです。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« あれれ… | トップページ | 小さなかわいらしい世界 »

京都神社・お寺・観光」カテゴリの記事