« 時代絵巻 | トップページ | もういちど »

2008年10月24日 (金)

お弁当持って

時代祭行列途中から降り始めた雨が昨日も降ったりやんだりずっと続いた京都。

今日も雨でしょうかね。

雨が降ると、三方を山々に囲まれた京都は霧に包まれ霧の町のようになります。

ところでこの前いただいて袋から取り出した瞬間、みんなで「かわいいー」の大合唱だったのは…

両耳をえんじと深緑の紐で結ばれたきれいなセロファンのキャンディー包みの中身は竹の籠。

4848_2

俵旅館の営む天ぷらのお店「点邑」の天巻き、鯵の棒寿司。

天巻きは海老と穴子とじゃこ。

紫蘇の香りとご飯でぐるりと巻かれた天巻きは中の天ぷらがかりっとしていて手づかみでいくらでも、風味あるじゃこ巻きと交互に。

鯵の棒寿司は添えてあるすだちをきゅっと絞ってさわやか、あっさり。

こんな竹の籠抱えてのお弁当持ってどこかで広げたらもっと気分盛り上がりそう、と今回は賑やかに屋内でいただきました。

点邑  京都市中京区御幸町三条下る  075-212-7778

club これはあるものを上から見た形を文様にしています。

あるものとは何でしょう?!(ヒント、果物です)

4691

正解は苺でーす、

って美豊スタッフで話していました。

名物裂文様の苺裂模様が織られた帯です。

苺が並んでる、って思うとユーモラスな柄に見えてきますね。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 時代絵巻 | トップページ | もういちど »

京みやげ・おもたせ」カテゴリの記事