« 京都の地下は… | トップページ | あーあ… »

2008年9月 7日 (日)

ランキング

日が暮れるのが日毎に早くなり、「秋の夜長」という言葉が浮かんでくるような季節になりましたね confident

この前何かで読んでへぇーと最初は驚いたけどなるほどと思ったのは、京都はひとりあたりのパンの消費金額が全国1位というランキング結果だそうな bread

京都は学生の街だからかあるいは働く女性が多いせいか、と締めくくられていたような。

街を歩けば次々と誕生してる新しいパン屋さんを見つけるし、ずっと愛されているパン屋さんはいつも盛況、納得 !

それぞれのパン屋さんに得意分野があったり特色がある京都のパン屋さん巡り、尽きることはないかも。

そんな中、友達から最近よく行くパン屋さんでハード系が特に美味しいよ、と教えてもらったのは「ブレッド☆ルーム」。

1916

こちらは店員さんに欲しいものを伝える対面式販売。

ドライフルーツがごろごろ入ったパン、中にとろりとしたクリームチーズの入ったもの、大きなボリュームたっぷりなピザ、外皮かりっとした香ばしいマフィン…

オーナーの方はビゴの店で修行され、その後イグレックプリュス、そしてアメリカへという経歴の持ち主でアメリカンスタイルを追求され今に至っているそう。

香ばしくさっくり感いっぱい、ボリュームある大きさ、パンを頬張れば陽気な気分になってきて、近くを通る時はついつい覗いちゃうパン屋さん。

ブレッド☆ルーム  京都市中京区二条通麩屋町東入る南側  075ー212-5036

club 小物って季節感をすごく感じさせてくれるところですね。

3970
 

春に着ていたきものに帯という同じコーディネイトでも帯揚げと帯〆だけかえてみるだけでものすごく雰囲気が変わりますね。

きもののコーディネイトが楽しい !ってこういう時思う、って美豊スタッフと話していて。

美豊にて。

clip きものを装うたのしみとコンサートにお出かけできる催しが11月3日14時半から京都コンサートホールであるようです notes

京響の演奏で、きものかおしゃれな服装というドレスコード、往復葉書で申し込めば無料(9月30日必着)。

お問い合わせは 伝統産業課  075-222-3337だそうです。

美豊ホームページ   http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 京都の地下は… | トップページ | あーあ… »

京都スイーツ・カフェ」カテゴリの記事