« 豊饒の秋 | トップページ | うーん、迷う… »

2008年9月11日 (木)

秋といえば !

鈴虫が鳴き、日が暮れるのが日毎に早くなっている今日この頃。

秋といえば、やっぱり食欲の秋 !

ということで和食で秋を満喫したい、とこの前お昼に訪れたのは京都吉兆ホテルグランヴィア店。

お店に一歩中に入ると外の喧噪と打って変わって焚きしめられたお香の香り、ゆったりした雰囲気が広がっています。

この日いただいたのは9月から新しく出されたという「みやび膳」。

最初に萩の美しい器に盛られたしびのお造りは生姜といただいてさっぱり、そして次が椀もの。

4044

蓋をそっと開けるとさざ波に浮かぶ月に歓声!お椀はしめじに卵のふんわり感いっぱいの中にぷりぷりの海老の入ったしんじょうをいただけばそれだけでもう満足 confident

続くしまあじのお寿司はこりっとした食感がたまらなく美味しく、観世水が大胆に描かれた琳派の雰囲気いっぱいの器も秋色、

そしてお弁当、どこからいただこう…note 

4050

月心寺直伝の胡麻豆腐や賀茂茄子と万願寺唐辛子の白味噌田楽、揚げ鱧の南蛮仕立て、八幡巻きやきぬかつぎなどなど。

田の字に切った木箱に四季の味わいを盛り合わせた松花堂弁当というスタイルを考えたのは吉兆創業者、湯木貞一氏だったね、なんて話しながらひとつずつのお料理にうっとり舌鼓打ち、秋満喫 !

最後のあんかけご飯は3種類から選べ、私はとろりんとした温泉卵と湯葉がふんわりかかったものを、一緒にいただいた人は温泉卵に鯛ご飯のあんかけ。

デザートは小豆と白玉、抹茶ゼリーのモンブラン。

創業者の料理と心を受け継ぎながら、常に新しい風を感じた贅沢な時間でした。

京都吉兆グランヴィア店 京都市下京区烏丸通塩小路下るホテルグランヴィア京都

075-342-0808

club ムガ糸と生糸で織られた帯です。4096

インドのアッサム地方で採れる稀少なムガ糸と生糸で織られたとてもとても軽い帯です(手に取ると驚くほど !)。

光沢感とさっくりした雰囲気はムガ糸ならでは。

おしゃれ感いっぱいの帯だなーと眺めて。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 豊饒の秋 | トップページ | うーん、迷う… »

京都ごはん」カテゴリの記事