« 扉の向こうは | トップページ | ゆったりごはん »

2008年8月 6日 (水)

果てしなき飛翔

太陽に向かって元気よく顔を大きく向けているはずの向日葵が、頭を垂れおじぎをしている景色を見かけた昨日。

東京は大雨だったとか、大丈夫でしたでしょうか?

京都は昨日午後、突然夕立のような雨が乱打して降ってきてびっくりしました coldsweats02

ところで7月末から京都国立近代美術館で始まった「下村良之介展 「日本画」への序章」をこの前観てきて。

3648

没後10年に際し開催された回顧展。

下村良之介は、京都で活動した画家、新たな日本画を求めて、日本画だけでなく版画や陶芸作品にも精力的に取り組んだ画家。

3633_2

優雅で美しい花鳥風月を主題とするそれまでの日本画に不信感を抱き、キュビズムの手法で表現したり、反骨の画家として知られており。

両手いっぱいに大きく羽を広げた「嶺留波(ミネルバ)」という作品は、これまで守られてきた伝統的な世界を打ち壊し、自由な精神を持ちながらどこまでもどこまでも飛んでゆく、果てしない飛翔を生涯続けた作者の内面が表れているようで。

作者の強い意志や意欲をたくさんの作品ひとつひとつから溢れでているような展覧会。

好き嫌いの好みは別れそうな作品たちかもしれないけれど、作者のエネルギッシュさに夏バテ気味のだらりとした身体に元気もらえそうな展覧会 happy01

3630

この美術館のミュージアムショップは光がさんさんと差し込み、気持ちよいところ note

この日は美術館の開く9時半の1番のり  shine

朝のすがすがしい美術館っていいですね。

下村良之介展 7月29日~8月31日

京都国立近代美術館   京都市左京区岡崎円勝寺町  075-761-4111

美豊は今日水曜はお休みをいただいております confident 

美豊ホームページ   http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 扉の向こうは | トップページ | ゆったりごはん »

美術館・博物館」カテゴリの記事