« いつも行列の | トップページ | 扉の向こうは »

2008年8月 4日 (月)

気が合う ?!

月曜日、新しい1週間が始まりましたね wink

この週末、お祭り、花火大会、夏ならではの催しものや風物詩、各地でいろいろあったのではないでしょうか?

今週は、京都の五条坂で全国最大規模といわれる陶器祭りが8月7日から10日に催されます。

清水焼発祥の地として陶芸作家・窯元・卸店・小売店が軒を並べている五条坂、

陶器祭りは500あまりの出店で賑わい、近くの「六道さん」で親しまれている六道珍皇寺参りもぶらりと詣でて…

もしかしたらお気に入りに出逢えるかも、なんて歩くのは楽しそうですね happy01

ところで、家人がおみやげ~♪と持って帰ってきたもの、出町ふたばの袋。

この日、行列短いからラッキーnote と私は豆餅を買って帰っていたので、おみやげはもしや豆餅?! 気が合いすぎ、と思って開いてみると

3432

ひとつはくず餅。

ぷるんぷるんと少し固めのくずの皮に包まれた中に、大きな粒が豆の甘みたっぷりの粒餡。

よそ行きのかしこまった行儀良し、というよりはおうちの三時のおやつのようなやさしい味japanesetea

もうひとつは、わらび餅。

3433

少ししっかり目のわらび粉で包まれた中はさらさら口溶け心地よいこし餡。

家人も通りかかった時に、まだ早い時間だったせいか行列がほとんどなかったから、と立ち寄ったみたいでした。

出町ふたばは豆餅が文句なしの真骨頂でいちばん人気だけど、季節の和菓子もいろいろ並んでいます。

春の桜餅、かしわ餅、秋の月見団子、栗まんじゅう…

どのお菓子も、おうちでのんびりおやつに大きな口を開けてぱくぱくいただきたいようなちょっと素朴で力強くて大きさボリュームあり。

ちなみに出町ふたば前に今日は人が並んでいない、あっ今日はふたばさんの休みの火曜だった、なんて気づくくらい、なんだかいつも通れば見てしまう行列なのです eye

出町ふたば 京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236  075-231-1658

美豊ホームページ   http://homepage3.nifty.com/bi_ho

 

|

« いつも行列の | トップページ | 扉の向こうは »

京都和菓子」カテゴリの記事