« 徒然草の | トップページ | 気が合う ?! »

2008年8月 3日 (日)

いつも行列の

つくつくぼうしやひぐらしの涼やかに鳴く声を時折耳にするようになり、夏の盛りは過ぎたのかなー、秋の気配?!と感じるようになりました confident

8月初めての週末、いかがお過ごしでしょうか?

いつも道すがら、今日はどのくらい人が並んでいるのかな(ほんと、いつも長ーい行列!)とつい目をやってしまうのは鴨川にかかる葵橋を渡ってすぐ、河原町今出川を北に上がったところにある「出町ふたば」。

この日は並んでいる人が少ない、ラッキー note と立ち寄って。

明治32年創業のこのお店の「豆餅」はあまりに有名。

店の奥の工房で作ってくれるのですが、10個、20個レベルで注文する人が多いので、スタッフの方の手はずっと忙しく動きっぱなし。

3435

つきたての弾力あるお餅に少し塩気のある赤えんどう豆がごろんごろんとぎっしり、中はあっさりこし餡、この絶妙な塩と甘さのバランスとぷにぷにしたお餅の食感は、ボリュームある大きな豆餅なのにもうひとつ手を伸ばしたくなる味。

地元の人がおやつに、観光客の人がガイドブック片手に求める豆餅。

翌日はお餅が固くなるので、トースターでかりっとさせていただくのも香ばしくて好きな味 happy01

餡なしのものもあるので、焼いていただくのも立派なごはんっぽくなって美味しいです。

出町ふたば  京都市上京区出町通り今出川上がる青竜町236    075-231-1658

club 沖縄の守り神シーサー

3253

1点ずつ表情や色合いの違うやきものの帯留めはやきもの作家の手づくり。

表情がお茶目です catface

美豊にて。

美豊ホームページ   http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 徒然草の | トップページ | 気が合う ?! »

京都和菓子」カテゴリの記事