« きぬかけの道の | トップページ | いつも行列の »

2008年8月 2日 (土)

徒然草の

百日紅のたわわな花が暑さに負けず揺れる季節になりましたね。

幹は、木登りが得意な猿もつるつると滑ってしまいそうなつややかさ。

白やピンク色と緑の葉が夏空に映えますね confident

ところで、この前昔習ったのがなつかし、徒然草の「仁和寺の法師…」でお馴染みの仁和寺を訪れて。

この前、仁和寺を訪ねたのは春 cherryblossom

京都でいちばん遅咲きの3メートルくらいの高さにしか成長しない御室桜の丘は、桃色のふわふわした世界に全身をすっぽり包まれ、現実離れした景色でした。

今回は人もまばらな夏の朝。 

力強い金剛力士像が両サイドを守り固める山門から覗けば、

3530

山へどんどん続く道 shoe

山奥にゆったりある優美なお寺といった趣の仁和寺、鳥のさえずりを聞きながら。

3532   

江戸時代に建立された五重の塔は、各層の屋根の大きさにあまり違いがないのが特徴とか、美しい姿。

3534

国宝の金堂は京都御所の紫宸殿を移築したものだそう。

御室桜満開の時に訪れた時は、たくさんの人の波の中、お花見気分たっぷりだったけど、緑深い夏山の季節に訪れるのは、まるで別のお寺のよう。

山裾の広大な敷地に広がる仁和寺、王朝時代の雰囲気はタイムトリップした気分味わえるかも catface

美豊ホームページ   http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« きぬかけの道の | トップページ | いつも行列の »

京都神社・お寺・観光」カテゴリの記事