« 色を奏でる | トップページ | 顔発見!の朝 »

2008年7月18日 (金)

魅惑の琥珀色 

大快晴の天気に恵まれ、18万人の大観衆で賑わった祇園祭の山鉾巡行があった昨日の京都。

昨日の午後2時、ちょうど用事に出かけた御池通りで見かけた大とりの南観音山。

3449

「エンヤラヤー」という力強い声と涼やかなお囃子が真っ青な空を突き抜けそうな note

(音は涼やかだけど、この日は外に出ると陽炎がゆらゆらして身体が溶けてしまいそうに暑かったー coldsweats01

そして祇園祭りにちなんだお菓子、亀廣永の「したたり」を買って。

3429

この透明な琥珀色涼しげー、透かして見入ってしまうほど eye

したたりは菊水鉾へ献上菓される琥珀羹で人気あるお菓子。

菊水鉾町内にある「菊の井」という井戸からしたたる水から名付けられたとか。

黒砂糖味はどこかなつかしく、甘いけれど後味さわやかでお上品な味、寒天のぷるんとした食感はたのしく delicious

以前は祇園祭の時のみしか買えなかった「したたり」、人気者ゆえ通年を通して買えるようになったのも嬉しいところ。

お店にいらしたおばあちゃまが今年の菊水鉾の様子、ご主人様、息子さん、お孫さんの三代揃われて裃姿で菊水鉾の町衆として参加されていらっしゃることなどを話してくださってなんだかほっこり japanesetea 

亀廣永  京都市中京区高倉蛸薬師上る   075-221-5965

club  七五三にも 

3457

黒い縮緬地に花の丸模様が散らされたかわいらしい京友禅のきもの。

若い方がお召しになったらとてもかわいらしい小紋、

七五三の方にもお召しいただける、と眺めて。

美豊にて。

美豊ホームページ   http://homepage3.nifty.com/bi_ho

     

  

|

« 色を奏でる | トップページ | 顔発見!の朝 »

京都和菓子」カテゴリの記事