« 冷たーいお祭り | トップページ | トトロの世界?! »

2008年7月26日 (土)

水車の回る…

文月も残すところわずか、もうすぐ葉月ですね clover

(もっとも、旧暦の言い方だから葉月は7月っていうことでしょうか??)

この前行ったところは、街中にありながら涼しさを全身で浴びさせてもらったところ typhoon

いつもはこの胡麻油をスーパーで買うけれど、この日は本店へ買いに。

江戸時代後期から続く山中油店、200年近い重厚な店舗。

かつては平安京の内裏や紫辰殿のあった都の中心地、そんな場所にあるお店。

3383

店舗周りの疎水に錦鯉は跳ね、苔むした水車がくるくる軽やかに回る情緒漂う雰囲気。

3390

井戸から汲み上げた水で回る水車のある奥庭にある杏の木は豊臣秀吉の築いた土居に植えられていたもの、樹齢450年くらいとか(格子越しに見えるお庭もしっっとりとした風情あります)。

とっても素敵なお店の佇まい、足を運んでみる価値あります happy01

3500

いつも買う「玉締めしぼり胡麻油」はびっくりするほど芳醇な胡麻の香り、風味を満喫できる胡麻油 note

昔から変わらない玉締めという造り方で今も製造されている油。

そして、こちらのお店で評判なのがエキストラヴァージンオリーブオイル。

イタリアの製造元に直接足を運び買い付けてくるそうで、こんな風にいただきたい、とお店の方に伝えるとおすすめのものを教えてくれます。

店舗前には明治終わり頃の民家を京・町屋文化館として平安京以来の京都の魅力を見学することができるそう。

山中油店 京都市上京区下立売智恵光院西入る  075-841-8537

club 翡翠色に白色の格子柄紬

3490

とってもおしゃれな翡翠色の紬。

さらりとした感触も袖を通したら心地よさそう。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 冷たーいお祭り | トップページ | トトロの世界?! »

京みやげ・おもたせ」カテゴリの記事