« まあるい味 | トップページ | ワイルド ! »

2008年6月12日 (木)

画家たちの息吹

夜降った雨がやみ、京都はみずみずしい朝を迎えています。

今日はどんなお天気になるんでしょうねー confident

少し前に出かけたのは、川島織物文化館。

ひたすら北へ、西へと牛若丸が天狗と修行を重ねたといわれる鞍馬や清流の川床が夏の涼誘う貴船方面ひたすら目指して左京区静市市原町。

辺りは山々にすっぽり抱かれたのどかな田園風景が広がり、川島織物(今は川島織物セルコン)の広大な敷地にコンクリートの建物の一角が織物文化館。

ロビーに足を踏み入れればこんな感じ。

1595

壁面いっぱいに大きな画がかけられ、椅子が織物 !

この文化館には伊藤若沖の間があると聞いていたけれど、残念ながら期間限定らしくお目にかかれず sweat02

けれど若沖作品を下絵にした綴織り、羽織の内側に描かれた神坂雪佳作品を下絵にした染めもの(すごくおしゃれでした!)、菊池芳文、川北霞峰などそうそうたる画家たちの作品が綴織りや唐織りで目にすることができて。

日本画壇を代表する画家たちの作品、また違ったあじわいがあり美しいのはもちろん、デザイナーの側面を垣間見、生活に根付いていたんだなぁと感じ。

他にも中国裂、コブト織、など織物の伝わってきた歴史が見られたり、日本の小袖や能衣装も。

2664_2名もなき職人の人々の気の遠くなるような手仕事にも心を打たれ、山合いの風景にほーっとした時間 catface

川島織物文化館   京都市左京区静市市原町265  075-741-4120

club 籠の中の桔梗が涼やかに揺れて

2539

卵色の絽の帯地に籠に盛られた桔梗が描かれた染め帯。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« まあるい味 | トップページ | ワイルド ! »

美術館・博物館」カテゴリの記事