« 画家たちの息吹 | トップページ | あじさい »

2008年6月13日 (金)

ワイルド !

金曜日、もう週末ですね。

6月も半ば、梅雨も半ばでしょうか?!

梅雨の季節、じとじとじめじめ鬱陶しいですが、紫陽花をはじめ初夏の花々が次々と見られる季節 clover

ということで以前から行きたかった山科の勧修寺をこの前訪れ。

JRの「そうだ京都行こう」のポスター、蓮が花開く池にかわいらしいお堂の浮かぶ景色(という記憶)が目に焼き付いていて。 

今は睡蓮と花菖蒲の響宴。

2674

池のぐるりを白色、濃い紫、淡い藤紫の蝶のような可憐な花びらが揺れる花菖蒲がカーブを描き、奥いちめんにピンク、白の睡蓮が(鷺もくつろいでます)。

2681

ポスターの蓮は、7月下旬が見頃だそう。

池一面にぽんぽんっ、すっくと顔を上げた蓮で埋め尽くされた緑の池を想像してくださいhappy01

この「氷室の池」、平安時代は毎年1月2日に張る氷を宮中に献上し、その年の氷の厚さで五穀豊穣を占ったという京都でも屈指の古池だそう。

美しい景色、実はとてもすごい鳴き声の中、見てマス coldsweats01

池の中に樹の生える小島があり、そこには鷺の巣、白い大きな鷺がバッタバッタ飛び交いおぉーんおぉーん、がーがー啼きかなりの迫力!

ふと上を見ると、ふ、ふくろうがー wobbly

ぶっくり丸々とした梟が黄色い目をかーっと開き樹上に、思わず飛び退き、

池の近くに寄れば大きな大きな鯉の大群がぱくぱく口開け足のすぐそばまで、

蛙の卵もどうぞご自由にお持ち帰りください、と。

夜にはどんな光景が繰り広げられるんだろー?!

美しくワイルドなお寺 !

勧修寺 京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6  075-5710048

club 涼しさいっぱい

2653

夏のお出かけに。

絽の仕立て上がりきものは紺地に波に千鳥柄。

帯は水色、銀色、ねず色、藤色、清涼感たっぷり。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 画家たちの息吹 | トップページ | あじさい »

京都神社・お寺・観光」カテゴリの記事