« ワイルド ! | トップページ | 祇園精舎の鐘の声… »

2008年6月14日 (土)

あじさい

サタデイ note 週末になりましたね。

いかがお過ごしですか?

近頃、うちの近くでうぐいすが啼いてて、これがかなり上手 wink

今は一体いつ??(ちなみにうちの場所はそれほど山の中でもなく普通の住宅街)

ところで初夏の風をいっぱい感じたもの、いただいた松屋常磐の箱。

わぁー、きんとん?!今の季節のきんとん、ってどんなんかなーと箱をそっと開けると2660

あじさい !

淡ーい色合いが涼やかで上に水を感じさせてくれる葛がふわりと。

ここのきんとん、すごく水分量が多くみずみずしく、ほろほろと崩れおちそうなくらいにやわらか、口の中でふんわりさらさらと溶けるようにきめ細やか(翌日になると少しぎゅっと引き締まるので、そちらが好みという人も)。

葛、若草色の空豆餡、桜色の白餡、中の粒餡の味のハーモニーと食感のたのしめるきんとんミルフィーユ note

松屋常磐のきんとんは、葛に包まれたもの、山芋、栗、空豆などなど目と舌を季節感を存分に味あわせてくれるもので、毎月たのしみというファンも。

お店は美豊からとても近く、京都御所南すぐ、ショーケースなどはなく、予約が必要。

家族だけで営んでいるお店、歴代の天皇も愛した風味豊かな味噌松風も看板商品。

松屋常磐 京都市堺町丸太町通下る橘町  075-231-2884

club さらりとした単衣に

2580

さらさらした感触の気持ちよい紬。

単衣にぴったり、と眺めて。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« ワイルド ! | トップページ | 祇園精舎の鐘の声… »

京都和菓子」カテゴリの記事