« 名古屋にて2 | トップページ | 哲学の道辺りで »

2008年5月 2日 (金)

銀閣寺 東求堂

よいお天気の日が続きますね sun

名古屋、まだまだ行きたいところ、食べたいものあって不完全燃焼ながら、京都へ帰って来ました coldsweats01

銀閣寺へ朝寄って。

国宝の東求堂(とうぐどう)が特別公開中。

1240_2

阿弥陀如来像と木で造られた足利義政公に手を合わせ、四畳半の書院造り「同仁斎」。

高麗青磁の水滴、雅な平安絵巻がほどこされた義政好の硯、一点の曇りもないどこまでも透明な水晶をくり抜いた文鎮、などが当時の義政公が机に向かっていたように飾られ。

銀閣寺のスタッフの方が丁寧にひとつひとつ説明してくれて。

義政公の姿が浮かぶように感じ confident

真っ赤に色づいたもみじのようなきりしまつつじも満開で、緑の山に鮮やかに映えて今見頃 eye

銀閣寺特別拝観  3月15日~5月18日

ほろ酔いの人たちがストーリー仕立てになったほんわりした与謝蕪村の襖絵も春にぴったり。

japanesetea 銀閣寺のショップでしか買えないおいしいお菓子!と教えてもらったのが

1285

俵屋吉富の銀沙灘(ぎんしゃだん)。

銀閣寺庭園に砂の湖を広げる銀沙灘を型取った方は、浜納豆入り玄米生地の押し菓子。

月待山に昇る月を賞でるための向月台を型取った方は、ごま入り寒梅粉生地押し菓子。

どちらも甘さ控えめ、お茶によく合います。

俵屋吉富 銀沙灘 10個入り 945円

japanesetea 今日いただいたお菓子

1235

京華堂利保の「井出の里」と「川面」。

初夏を感じながらおいしくて catface

京華堂利保 京都市左京区二条通川端東入る難波町 075-771-3406 日曜休み

club こんなきものがさらりと似合うようになりたい、と眺めて

1660

明るい白茶色の紬地に御所解きが総付けになった訪問着。

帯はムガ糸織りの帯。

黄緑色の小さな星形の花がかわいらしい山ぼうしと。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 名古屋にて2 | トップページ | 哲学の道辺りで »

京都神社・お寺・観光」カテゴリの記事

京都和菓子」カテゴリの記事