« 薔薇の館 | トップページ | 初夏の王朝絵巻 »

2008年5月15日 (木)

宝石箱のような

今日、15日は葵祭り、晴れてよかったですね happy01

朝10時半頃に京都御苑を出発、だそうなので後でちょっと見に行こうかな、と考えてます。

昨日水曜美豊が休みに訪れたお店、てっさい堂アネックス昴(こう)。

骨董やさんの立ち並ぶ古門前通り、有名なてっさい堂の向かいの白い壁に雰囲気ある木のドア、ガラス窓の向こうにランプの灯り洩れ、明るい暖かみのある紫色がアクセントになったお店はこの辺りでもとても目を惹き。

2139

どの空間も素敵 diamond

2135

和の器や西洋アンティークのランプ、額に入った画、ガラス、花器、ふんわり活けられた花が見事に引き立ち合い溶け合い、オーナーのセンスが息づく空間に憧れて。

2137

オーナーの描く葉書は海外の方にも大好評、昨日はカードも発見!封筒も鮮やかな色から選べたのしみ広がり。

美豊でもこちらの花器たのしませてもらってます、今日は菫から庭で咲いた鈴蘭に替えるつもり。

てっさい堂アネックス昴 京都市東山区古門前大和大路東入元町371-1

075-525-0805

club おめでたい柄、と眺め

1960

有職文様の向鳥丸、鳳凰の織り込まれた帯。

白地にはんなりした色が映えて。

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 薔薇の館 | トップページ | 初夏の王朝絵巻 »

京都アンティーク」カテゴリの記事