« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の31件の記事

2008年5月31日 (土)

コラボレーション

西から順々に梅雨入り、のニュースが毎日のように発表されていますね snail

5月最後の週末、いかがお過ごしでしょうか?

この前行った、今京都近代美術館で開催されているルノワール+ルノワール展。

2400

平日にもかかわらず、大勢の人垣から背伸びして覗くくらい、大入り満員。

今回は、ルノワールの次男のフランスを代表する映画監督ジャンの作品を通して、ルノワール作品に新たな光を当てよう、という面白い試み eye

ちなみに長男は俳優に(ジャン作品にも多数登場)、三男のココは陶芸家に、みんな芸の道や芸術家に進んだのは、育った環境にとても関係があるんでしょうか?!

ルノワール作品の横の白い壁にジャンの映画が映し出され、この作品も映画のワンシーンに。

2407

日射しをいっぱいに浴び、人々がしあわせそうな表情に溢れている風景は、人を愛し、生きることの喜びとしあわせを生涯に渡り描き続けた画家と映画監督父子のまなざし感じ。

父子の素敵なコラボレーションは、ほんわかした気分にしてくれる展覧会 note

ルノワール+ルノワール展  7月21日まで 京都国立近代美術館にて。 月曜休館

2403

美術館階段踊り場でパチリ camera

平安神宮の朱色の鳥居が真ん前に、東山をバックに京都市立美術館のレトロな建物が。

clip 近代美術館1階の吹き抜けアトリウムでサマーナイトコンサート

サマーナイトコンサート 美術館に響く、ルネッサンス・バロック音楽

6月7日 土曜  18時開演  入場無料

岡崎の川のほとりのモダンな白い吹き抜けスペースでの夜コンサートは、以前伺ったことがあり、とても開放感あり気持ちよくおすすめデス !

club  ほんとはもっと明るい色なんです sweat01

2322

明るい薄若草色に蛍が舞っているみたい、と眺め。

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月30日 (金)

1週間に3度

あれよあれよという間にもう6月になるんですね snail

きものは単衣の季節。

夏にどんどん近づいてゆきますね wave

今朝、京都御苑を通ってきて。

2365

昼寝をする人(まだ朝だけど!)、読書する人、のんびりする人いろいろ、お気に入りスポットがあるのかもしれませんね。

美豊にいて、お昼近くになると頭を悩ますのが、「行こうか、やめようか…」

美豊から歩いて少し、タイカフェ カティのタイ風焼きそばにはまっていて。

この前数えてみたら、友達誘ったり、ひとりで、だったりで1週間に3度訪れてる…sweat01

家具屋街の夷川通り、青い「椅子」という看板目指すと2階がお店。

1911

緑と青の壁紙のお店は縦に長く、アジアンレトロな雰囲気。

1914

こしある麺に生もやし、干し海老、豆腐、ナッツなどがのった台風焼きそば。

麺の歯ごたえと上にのった具の香り、甘辛味が好き note

ナンプラーやチリパウダー、酢、砂糖はお好みで。

一緒にいただくスィートチリソースの効いた春巻きも美味。

京都って和食や豆腐料理のイメージが強いみたいだけど、各国料理豊富、エスニック料理屋さんも多いです。

大学が多く、いろいろな国の方が学びにいらしてるからでしょうか。

タイカフェ カティ  京都市中京区夷川通麩屋町西入る南側  075-211-1282

月曜休み

club  すらりとやわらかく描かれた草花模様がふんわりと 

2320

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月29日 (木)

ウォーター・リリィ

京都は昨日の夕方から雨がしとしと降っています rain

今週後半は雨模様でしょうか?!

昨日、散歩に行ったのは平安神宮 foot

2384_2

今、本殿裏の中神苑の蒼龍池の睡蓮がぽんぽんっと白、ピンク、黄の花浮かべていて。

この池に臥龍橋という飛び石がかかっていて、渡る外人父子いて、「ワォ!ウォーター・リリィ!」と歓声あげていて。

初めは渡るのを怖がっていた男の子も「ステップ バイ ステップ」とかけ声をかけて、おそるおそる、次第にリズミカルに渡っていて note

2389

池にかかる泰平閣の上は座って景色を眺めたりできるので、東山をバックに池面をそよぐ風を浴びてみんなのんびり。

平安神宮の庭園、この前まで杜若が見頃だったり、秋は萩が、古今和歌集の歌や源氏物語、伊勢物語の場面説明が添えられている花や樹木をたのしむのもよいし、広くてゆったり散歩に気持ちよい場所。 catface

clip 毎年恒例の薪能が6月1日・2日に平安神宮で。

1890

日時/平成20年6月1日(日)・2日(月)(雨天順延) 午後5時30分開演 (午後4時30分開場)
お問い合わせ  京都薪能事務局 電話(075)761-4330

club 夏のおしゃれって遊び心いっぱい、と眺めて

2366

  

金糸で波模様が織り込まれた絽つづれ帯に淡い若草色と鶸色の帯締め。

素材、色、模様、涼しさ演出するところがたくさん wink

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月28日 (水)

ファーストインプレッション

1週間の真ん中、水曜日ですね happy01

いかがお過ごしですか?

今日は美豊はお休みをいただいております。

昨日いただいて、早速夜ごはんに登場したのは

2291

1週間毎日食べ続けたこともあるくらい、大好きな京都嵯峨の豆腐屋 森嘉の飛竜頭(ひりゅうず) smile

にんじん、きくらげ、ごぼう、山芋のすり込まれた飛竜頭の中に箸を入れれば、ごろんごろんと百合根と銀杏が。

おだしでちょっと味つけして、シンプルにぱくり。

川端康成の「古都」にも登場する森嘉、にがりの代わりにすまし粉を使った白豆腐がとても有名だけど、初めて出逢ったのが大丸京都店で曜日限定で買ったこの飛竜頭だったので、ファーストインプレッション、それ以来のファン note

2310

厚揚げ、持っただけでもとってもずしり pouch

ぎゅうっと濃厚な豆腐が揚げに包まれている、といった感じ、パリッとした食感と豊かな豆腐の合体。

森嘉  京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町42   075-872-3955

8時~18時 営業  水曜休み(月1火曜休み)

club ニューフェイス shine

2358

この前入荷した網代と市松柄織生地の巾着。

女性の方にはもちろん男性の方にもお似合い、と話していて。

火曜日の美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月27日 (火)

ていねいな毎日を

もうすぐ6月、水無月ですね snail

水無月といえば、京都では6月の終わり頃にいろいろな神社で茅の輪くぐりの大きな輪を見ることができて。

茅草で作られた大きな輪を1年の半分に当たるこの時期にくぐることにより、半年間の罪穢れを祓い、夏越しと無病息災を願うもの。

茅の輪をくぐり、6月30日に水無月(半透明のういろうみたいな新粉餅に粒あんが上にのっている和菓子)をいただくと、何となく夏を越せそうな気がして wink

昨日、覗くのがたのしみで時々訪れる美豊から歩いてすぐのアンティーク漆器の店、うるわし屋。

1490  

御所南、丸太町通りにある青い屋根にコンクリート色の外観のお店はモダンで外国のお店のよう。

1486

「生活で使える」漆器を、というお店は、幕末から昭和初期までのものがずらりと。

1485

漆器ひとつひとつに、オーナーの選ぶ眼を感じ。

季節感をいっぱいに味わえる店内は、背筋がちょっぴり伸びる大人空間。

ちょっとくすんでいるのに艶めいている美しい器を、毎日の生活で使うのは贅沢でいて、ていねいに暮らしている潤いを感じられる気がして。

うるわし屋  京都市中京区丸太町通麩屋町東入る   075-212-0043

11時~18時30分  火曜休み

club ゴージャス !

2318

黒地に波模様と色紙柄が金色で散りばめられている振り袖。

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

 

|

2008年5月26日 (月)

空中庭園で

1週間の始まり、月曜日ですね happy01

楽しい休日を過ごされたでしょうか?

昨日朝行った何必館(かひつかん)・京都現代美術館は「かひつかん」という名前に惹かれずっと訪れてみたかった美術館。

今、エリオット・アーウィットー内なる愛ー展開催中 eye

1724

独特のウィットとユーモア感覚に満ちた写真で世界的人気を誇る今年80歳の写真家アーウィット。

ケネディーやモンローのふと振り向いた素顔のような瞬間などを大胆に個性的に撮った作品あり、

恋人、家族、動物など日常風景のふとした瞬間をストップウォッチで止めたように、ユーモラスに表情豊かに捉えた写真の数々。

息づかいまで聞こえてきそうな生き生きとした表情に思わず微笑み、写真家の大胆な構図、視線に驚嘆しきりで。

写真家の信念を感じ、また人々に向ける暖かで柔らかなまなざしに心溶かしてもらったような気分に catface

2119

何必館は八坂神社のすぐ真ん前に近い四条通りに面した細長いビルで、5階に上がるとそこは空中庭園のよう!

すっくと空に向かって伸びる青もみじにみずみずしい苔がよく映え、お茶室が臨め、白い大きなソファで図録を眺めながら思わずのんびり。

地下におりれば、北大路魯山人作品室。

館長の魯山人への熱い想いが織り込まれた解説を通して作品を観るのはたのしく note

エリオット・アーウィット展は6月8日まで会期延長

何必館(かひつかん) 京都市東山区祇園町北側271   075-525-1311

10時~18時 開館    月曜休館

club 帯でいろいろな表情の着こなしができそう、と眺めて

2332  

紺地の絽の仕立て上がったきもの。

波間に千鳥、うっすらと月にも水玉にも見える模様がいちめんに描かれていて涼しげ。

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月25日 (日)

満足 !

京都は昨日午後からしとしと、夜中は滝壺をひっくり返したような土砂降り、よくよく降りました rain

雨に濡れた緑もみずみずしく綺麗ですね。

昨夜、豪華な夜ごはん食べてきました delicious

母の日に義母にささやかなプレゼントをしたら、お返しにと。

海老で鯛 sweat01

訪れたのは烏丸通仏光寺を東へ、細い路地を進んだところにある桜田。

2006

招福楼出身のご主人が包丁を握る桜田は予約がなかなかとれないことでも有名で。

2009

鮑と伊勢海老、白ずいきの土佐酢ジュレ和えののおいしさと五月らしい矢立の上に涼しげな器がしつらえられ歓声の上がった次の椀もの。

ぼたん鱧に胡麻豆腐、白ずいき。

この椀もの目当てに通う全国からの料理人多し、とか。

蓋を開けた瞬間の見事な牡丹の蒔絵、ご主人の器へのこだわりはため息もの。

2013

若女将がそっと開けてくださった重厚な杜若の描かれた焼き物重箱の八寸からは八つ橋が現れ。

最後の和菓子やデザートに至るまで、季節の美味しさに感動、香りをたのしみ、しつらえや器をひとつひとつ女将と若女将に教えていただき、料理にこめる繊細で情熱に溢れたご主人の心を全身に感じながら過ごした豊かなひと時 catface

桜田  京都市下京区烏丸仏光寺東入る一筋下る匂天神町   075-3771-2552

11時30分~13時30分  17時~19時30分 営業  火曜休み

club 涼しげ、と眺めて 

2328

いちめんに白い撫子が散らされた明るい空色の絽の仕立て上がっている小紋。

そよ風が吹いてきそう!

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月24日 (土)

小さな旅

京都は雨模様みたいです rain

週末はお天気すっきりせず、でしょうか?!

楽しい週末になりますように。

この前行ったのは、とても眺めがよくてお気に入りの本屋さん book  

2145

河原町四条東南角のオペークのビルに入っているブックファースト。 

3階から6階の4フロア、30万冊の品揃え。

河原町や四条通りを行き交う人が見え、旅コーナー、インテリア関係、アート、和もの、料理本、子どもの本コーナーなどジャンルわけされていてディスプレイだけでも引き込まれて eye

椅子コーナーが窓際にあるので、真剣に読むのもよし、ぱらぱらと眺めるのもまた楽しく。

本という窓から覗く世界を旅しているよう shoe

難点は、あまりにゆるゆる気持ちよくて時間を忘れてしまうこと sweat01

オペーク京都  京都市下京区四条通河原町北東角コトクロス阪急河原町 ブックファースト   10時30分~21時  不定休

present この前いただいた香水、すずらんの香りが甘く5月の気分満喫させてもらっているしあわせなプレゼントで。

2206

アニック グタールというフランスの香水、このオペーク京都の1階にあると知り。

すずらんから抽出される成分でのみできている香水はとても珍しく季節のものとか。

ボトルも可愛らしく毎朝、ハッピーな気分にしてもらってマス happy01

beer 5月1日から始まった初夏を告げる風物詩、鴨川の川床。

2144

オペーク京都からすぐ、四条大橋の上からパチリっ camera

club やさしいふんわりした帯、と眺めて  

1808

有職文様の織り込まれた夏の絽の帯。

日傘とよく似合いそう!

美豊にて。

美豊ホームページ  http://homepage3.nifty.com/bi_ho

  

|

2008年5月23日 (金)

できたてほやほや

よいお天気の日が続きますね sun

今朝歩いていたら、墨田の花火という紫陽花でしょうか、ほんのり菫色に色づき固く結んだ蕾みのぎっしり揺れる中、ひとつふたつ花開いていて。

沖縄はもう梅雨入りなんですね。

今朝用事で北野天満宮近くへ行きちょっと寄り道したのは、粟餅所 澤屋。

1435

澤屋は、北野天満宮前で320年以上続く粟餅のお店。

ここの粟餅を初めていただいた時は「大好きな味!」とゴング鳴り happy02

1438

目の前でつきたてほやほやの温かい粟の餅を丸めてくれ、きなこか餡はお好みで。

粟餅のぷつんぷつんという食感ときなこや餡の抑えた甘さがたのしめて。

私は断然きなこが好き(あくまでも好みで餡もあっさりしていて美味しいです)、なので全部きなこをいつもお願いしてマス。

テイクアウトもできるけど、できたてがいちばんgood(翌日は固くなるので)。

朝からエネルギーチャージ note 

粟餅所 澤屋  京都市上京区北野天満宮前西入紙屋川町838-7
9時~17時 営業   木曜と毎月26日休み 075-461-4517

club しっとりしたお洒落な帯、とみんなで話しながら 

2262

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月22日 (木)

やさしい時間

道行く人に半袖の人、たくさん見かけるようになりましたね t-shirt

初夏ですね。

いかがお過ごしですか?

昨日休みの日に出かけたのは三条両替町を上がったところにある、京唐紙で知られる唐長のインテリアサロン。

2067

しっとりした緑に覆われた入り口から覗き込めば、窓からオレンジ色の暖かい灯りが洩れ。

一歩足を踏み入れると、グランドピアノの置かれたリビング、窓辺、キッチン、化粧室へと続き、アンティークのラリックの照明からこぼれる落ち着いた空間は素敵なサロン。

唐長の額がお部屋のアクセントとなり、よく目をこらせばグランドピアノの模様もからかみ模様がほどこされた天板が置かれていて。

真っ赤なからかみ模様のキッチンはおしゃれなレストランのようでモダン。

化粧室は洗練されたホテルのよう。

こんなに生活空間を素敵に彩ることができるんだなー、と感心しながら。

さりげなく置かれた骨董の置物や本、ラリックのアンティークの置物、最新のテレビも違和感ないどころかスタイリッシュさに一役買っているよう。

大輪のてっせんなどが野の花のようにさりげなく飾られていたのでお伺いすると、花政さんに活けにきていただいているそう。

頭の紐がゆるゆる解けてゆくようなやさしい時間を過ごして catface

唐長 三条両替町 京都市中京区両替町三条上る西側柿本町393 木・日・祝休み

075-254-3177   10時30分~18時 営業

2225

この前、古今烏丸で夏にいいなーと思って買ったポストカード。

江戸時代から伝わる6000枚もの板木から生み出される美しい模様や柄と色はたくさんの人を魅了し続けて。

カード類や便箋、壁に掛けられる額、豆皿、ランプなどがあって、ひとつひとつを眺めるのは心弾む時間 note

唐長四条烏丸   京都市下京区烏丸通四条下る西側 古今烏丸ビル1階

075-353-5885   11時~19時 営業 火曜休み

club ざっくりした風合いが涼しげな絽つづれの仕立て上がった帯。

1814

茶から黄土色、生成色へのグラデーションがリズムを感じさせてくれてお洒落な帯ね、と話しながら。

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月21日 (水)

いざ見参 !

昨日夜空を見上げたら、輪郭くっきり卵色の煌々としたもう少しで満月になりそうな月が浮かんでいました moon1

京都は高い建物も少ないせいか、月夜ものんびり風景です。

今日もお天気よいですね sun

この前行ったのは、京都の街中、八坂神社や祇園の近くの建仁寺。

今公開されているのは、

1416

いざ見参 !風神雷神。

俵屋宗達作といわれる屏風前は写メの嵐 camera(これはたぶんレプリカだから撮って大丈夫なんでしょうね)。

なんともユーモラスな表情の神様たちで、描かれている筋肉の線もちっともリアリティーがなく力強いというより、お茶目な印象。

1378

三尊石や座禅石の配された潮音庭(ちょうおんてい)は建物で囲まれた緑が建物に染まるくらいみずみずしい中庭。

1379

宇宙の根元的形態を示し、禅の四大思想(地水火風)を○(水)□(地)△(火)で表した○△□乃庭の写真を撮ったのに「○と△しか写ってないやん」と言われて。

□は井戸でした coldsweats01 (写ってませんsweat01

京都最古の禅寺である建仁寺境内は、四条界隈と思えないほどとても広大でびっくり。

建仁寺 京都市東山区大和大路四条下る小松町  075-561-6363

club 火曜日、美豊で模様替えをしていて 

1805

みんなで「かわいらしいなぁー」と言っていた絽の夏帯。

花の丸文様で訪問着などフォーマルなきものにぴったり。

今日水曜は美豊はお休みをいただいております confident

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月20日 (火)

異国の香り

昨日は何だか生暖かいなー、と思っていたら3時過ぎからぽつんぽつん、夜中は土砂降り rain

今日は関東や北日本が大荒れとか。

お気をつけになってください。 

昨日、今にも泣き出しそうな空とにらめっこしながら銀閣寺近くへ用事で出かけて。

2232

見事な桜並木をたのしませてくれた哲学の道は、今ほんのり色づき始めた可愛らしいさくらんぼ並木。

この近くへ来たら、いつも寄るのがたのしみなお店、ユキ・パリスコレクション。

ユキ・パリスさんセレクトの北欧西洋アンティークやオリジナルアクセサリーのお店。

2236

緑鮮やかな蔦に覆われた入り口をくぐる時から、今日はどんなものに出逢えるか胸高鳴り note

2241

1階はスカンジナビアモダンやアールヌーボーの香りや北欧、そして京都の香りたくさん混じり合った雰囲気がユキ・パリスさん色に染まっている感じ。

陶器、ガラス、家具、漆器、アンティークアクセサリー、置物、ついひとつひとつ見入ってしまい eye(けれど昨日は時間がなくて駆け足でsweat02

中庭を挟んだ離れには時代裂や古い手芸用品やレースあり、2階は美術館。

異国の風を胸いっぱいに吸い込み catface

ここへ来たら、時間を忘れるのでは?!

ユキ・パリスコレクション 京都市左京区浄土寺南田町14  075-761-7640

club 染色織物作家の志村ふくみさんの本を読んでいたら、びっくりしたこと。

2075  

緑色のこと。

草木の染液から直接緑色を染めることができない、と。

こんなに緑の植物や自然に囲まれているのに不思議。

青と黄をかけ合わせることにより生まれることから「みどり子誕生」という言葉もあるのか、と読んで。

そう読んでから緑、黄緑、若草色、若竹色を眺めるのは感慨深くて。

美豊にある手紡ぎ手織り紬草木染め紬は蓬,桜,椿,合歓の木、桑、梅。檜で染められたもの。 

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

 

|

2008年5月19日 (月)

漢方茶でのんびり

月曜日、1週間が始まりましたね。

京都は今にも雨が降りそう、これから荒れ模様 rainらしいです。

楽しい1週間になりますように wink

昨日、立ち寄った素夢子古茶家(そむしこちゃや)。

美味しいもの大好き、で韓国ドラマにハマってた友達に「柚子茶がすごく濃厚で美味しいよ」(確かに、柚子の香りいっぱいでハマりました)と教えてもらって以来、時々訪れる店。

2061

烏丸三条を西に入ってすぐ見えるお店は大きな建物に草木が揺れ、とても目立ち。

2057

長い年月をかけた銅と木のような空間。

入った途端、外の喧噪と切り離され、韓国の静かな音楽流れる別世界 note

光の差し込む席あり、天井から壁全部網代で覆われた部屋あり、大きな木のしつらえられたカウンター席あり、、座る場所はその日の気分で。

2060

ぼーっとお茶タイムする時は五味子茶(おみじゃちゃ)という韓国茶。

甘くて酸っぱく苦く辛く塩味も、の五感を呼び覚ましてくれるいただいた後すっきり感じるもの。

2062

人気のあるカレー、と聞き。

かりっと揚げた野菜と雑穀米、スパイシーさが魅力。

素夢子古茶家(そむしこちゃや)  京都市中京区烏丸三条西入る  075-253-1456

10時~21時  水曜休み

お手洗いも必見デス eye

club 仕立て上がったらどんな風になるかなー、と眺めて

2046

着尺からきものに仕立て上がったのを見るたのしみってありますよね。

変身!ですものね。

縞模様のものは柄合わせを何種類かスケッチ。

柄の合わせ方で、雰囲気ががらりと変わるんです!

美豊にて。

美豊ホームページ   http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月18日 (日)

つるんっ♪

日曜日、いかがお過ごしですか?

日曜日って心待ちで楽しいけれど、1日の終わりが近づくと少し寂しくなる気がしませんか?

満ち足りた1日になりますように note

初夏を感じさせてくれ、待ち遠しい竹筒の水羊羹、甘露竹を買いに鍵善良房へ。

2108

つるんっ、竹の香りをいっぱいいただきながら冷たい滑らかな羊羹がのどをすべり落ちる瞬間しあわせ happy01 

4月から9月終わりいっぱいまで買えるそう。

鍵善へ来て、これを食べなくっちゃ帰れませんっ delicious

2104

大きな氷がからからと浮かぶ塗りのお椀の中から半透明なくずきりをすくい、黒蜜で。

もちもちした食感と甘い黒蜜はなつかしいような味。

水上勉氏が、いつも2杯目をおかわりしてしまう、という文を読み笑いながら納得。

2156

お茶と一緒に出してくださる菊型美しい和三盆もおいしく、お庭を眺めながら。

2110

お干菓子の木型を眺めたり、和菓子作りの道具を店頭で眺めるのも楽しい時間 note

鍵善良房 京都市東山区祇園町北側264番地  075-561-1818

9時~18時(土・日・祝は19時) 月曜休み

club すがすがしい帯だな、と眺め

2082

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.com/bi_ho

|

2008年5月17日 (土)

いつか…

週末になりましたね happy01

いかがお過ごしですか?

朝寄った若草や緑の鮮やかな東山麓の東山泉屋博古館。

今、住友コレクションの「能の彩ー面と装束ー」展。

能は誘ってもらって数回足を運んだものの、始めは舞台装置や衣装、荘厳な雰囲気に目を見張っているものの、気づけば舟を漕いでしまっていて sweat01

いつか能を観て楽しむことができたら、と憧れるもののひとつ。

けれど、能衣装には大いに興味あり eye

1851

能衣装といえば重厚な唐織りがすぐに思い浮かび。

役の年齢により色味が考慮されていることを解説から知り、時代とともに染めのものもあり。

喜怒哀楽を表す能面は室町時代のものもあり、瞬間を切り取った表情のもの、静謐なもの七変化のよう! 

ひとつの面だけで顔の角度や光の陰影により心の動きや表情を伝える能面って奥深い、いったいどんな人達が造ってきたのだろう、と思いながら。

1850

東山と中庭を臨めるガラス張りの休憩スペースは景色よく気持ちよく catface

能の彩ー面と装束ー 6月29日まで 月曜休館

泉屋博古館 京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24   075-771-6411

club 兎が跳ねる、跳ねる!

2102

黒地に跳ね兎が動きがあって楽しい帯、と話しながら。

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月16日 (金)

初夏の王朝絵巻

また初夏のような5月らしい日が戻ってきましたね。

昨日の葵祭りも皐月晴れ sun 京都の人達は皆「葵祭りはたいてい雨降りやのに珍しい…」と。

これまで葵祭り、といえば「そろそろ来はるやろか」と三々五々に近所の人達がおしゃべりする中ぶらりぶらりと行列を観に行き、知人が行列に参加していれば手を振り、馬や牛が嘶いたり用を足すのをのどかに眺める初夏の到来を感じさせてくれる風物詩で。

今年は美豊の目の前で、京都御苑で観るのは初めて。

すごい人とカメラの波、上空ではヘリコプターが旋回し。

1400年あまり続く葵祭り horse

2201_2

狩衣姿の方が先頭、牛童が綱を引く蒔絵の牛車は藤がゆらゆら揺れて、玉砂利の敷き詰められた京都御苑を車輪をきしませながら進み。

2192

葵祭りのヒロイン斎王代、新調されたあでやかな紅梅色の十二単衣を身にまとい。

人間国宝の有職織物作家喜多川俵二氏の手がけたもの、と。

2190

小さな女の子や少年達もたくさん、今日は一日歩くんだなー、がんばって note

黒に内側黄、若草色に内側朱、黄色に内側朱と若草色、など衣装の色の重ね合わせの大胆さや斬新さは眺めて新鮮で happy01

club 葵祭りできもの姿の方をたくさん見かけ、初夏の陽気だった昨日は、涼やかな装いの方も多くて。

黒地に銀色の横段花模様がお洒落な絽つづれの帯は透けて涼しげ。

仕立て上がっているもの。

1813

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月15日 (木)

宝石箱のような

今日、15日は葵祭り、晴れてよかったですね happy01

朝10時半頃に京都御苑を出発、だそうなので後でちょっと見に行こうかな、と考えてます。

昨日水曜美豊が休みに訪れたお店、てっさい堂アネックス昴(こう)。

骨董やさんの立ち並ぶ古門前通り、有名なてっさい堂の向かいの白い壁に雰囲気ある木のドア、ガラス窓の向こうにランプの灯り洩れ、明るい暖かみのある紫色がアクセントになったお店はこの辺りでもとても目を惹き。

2139

どの空間も素敵 diamond

2135

和の器や西洋アンティークのランプ、額に入った画、ガラス、花器、ふんわり活けられた花が見事に引き立ち合い溶け合い、オーナーのセンスが息づく空間に憧れて。

2137

オーナーの描く葉書は海外の方にも大好評、昨日はカードも発見!封筒も鮮やかな色から選べたのしみ広がり。

美豊でもこちらの花器たのしませてもらってます、今日は菫から庭で咲いた鈴蘭に替えるつもり。

てっさい堂アネックス昴 京都市東山区古門前大和大路東入元町371-1

075-525-0805

club おめでたい柄、と眺め

1960

有職文様の向鳥丸、鳳凰の織り込まれた帯。

白地にはんなりした色が映えて。

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月14日 (水)

薔薇の館

1週間の真ん中、水曜日いかがお過ごしでしょうか?

京都は明日15日は葵祭り。

お天気になるといいなーと空を仰ぎ見ています eye

春って街路樹やよそのお宅の花が咲きこぼれていて、歩いているとたくさんおすそ分けしていただくようですね。

銀閣寺近くのカフェ ゴスペルも今薔薇が咲き乱れる白亜の洋館。

1993

趣ある洋館2階のカフェはアンティークの調度品に囲まれた落ち着いた雰囲気。

1981 

壁にぎっしり並んだレコードから流れるジャズと開け放した窓からそよ風、みんなのんびりくつろいでいて confident

1982

人気のカレーやグラタンなどの軽食あり、白亜のクラッシックなカウンターオープンキッチンで作られてて。

津田陽子さんのタルトやロールケーキ(水・木限定)お目当ての人も多いそう。

ゴスペル 京都市左京区浄土寺上南田町36  075-751-9380

12時~24時  火曜休み

club 今日水曜日は美豊は休みをいただいてます。

兎がぴょーん 

2084

新しく入ってきた洒落帯、可愛らしいです note

昨日美豊で眺めていた帯。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月13日 (火)

幽霊に会いに

風薫る皐月、京都の街は新緑溢れて若草色に染まってます happy01

火曜日、いかがお過ごしでしょうか?

今朝、足を伸ばした曼殊院、秋の紅葉で有名なところですよね。

猿も出没!と聞いていたけど、白川通りを山へ山へと進み、たった10分で山にすっぽり包まれ。

1949_2

曼殊院門跡の両脇の青もみじ並木が美しく。

秋の紅葉時は苔の緑と真っ赤なコントラストが見事。

1934

小堀遠州作庭といわれる白砂が敷き詰められ庭芯に滝石のある枯山水の庭園は、水が流れ出して広がってゆく様を屋形舟から眺める嗜好、とか。

この庭園を朱に染め尽くす霧島つつじがとてもきれい、と聞いていたけれど残念ながら今年は咲き始め早く、終わってしまい跡形なく sweat02ピンクの山つつじが楚々と群生してます。

1937

梟の手水鉢、下に亀が敷かれてるの、わかりますか?!隣には鶴の形の石が。

幽霊の襖絵にもちろん会ってきました、すーっと涼しい風が背中を通り過ぎるようなリアル幽霊です coldsweats02

「撮影しても結構ですが、何が起こっても知りませんよ」という但し書きに畏れをなしカメラを引っ込めました。

曼殊院 京都市左京区一乗寺竹之内町42  075-781-5010

club いろいろなシーンやきものに合いそう、と眺めていた帯。

1961

唐織りの帯、やさしいいろいろな色が入っていて金糸で散らされた松菱がアクセントになって。

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月12日 (月)

美人石けん

1週間の始まり、月曜日ですね。

楽しい1週間になりますように wink

時々お目にかかるお見受けしたところきっと御トシ70歳は超えられてるきもの姿の素敵なマダム、お目にかかる度にどんどん若返られ色がどんどん白くなられて真っ赤な口紅が似合ってらっしゃるのもかっこよくて。

秘訣を伺ってみると、ギャラリー遊形の石けんで洗顔し、もうひとつ石榴のおすすめ石けんあるのよ、と。

サンタ・マリア・ノヴェッラのもの、と。

1896

町屋の暖簾をくぐると何層にも織り込まれたような深い香り包まれる店内。

1897

母の日目前、だったのでおすすめギフトコーナーが。

カーネションのアロマオイル、優しい香りでした catface

石榴の石けんで美人道にあやかりマス!

サンタ・マリア・ノヴェッラ京都 京都市中京区東洞院通四条上る 075-254-8691

club どんな取り合わせにするか、ってごっこ遊びみたい、と話しながら

1972

一昨日入ってきた帯を眺めながら。

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月11日 (日)

目でも美味しく!

暖かかった後の寒さって身に沁みますね wobbly

京都は昨日とても寒くて冷たい雨の一日でした。

昨夜、ちょっと遅くなったけど記念日に、出かけた花吉兆。

花吉兆は四条大橋たもとの京都南座の隣、幕間にいただけるように南座からもつながっているお店。

1823

杜若の八ッ橋に見立てた八寸はいただくのがもったいないくらいきれい!

1830

こぼれんばかりの藤の屋形舟に歓声。

鱧とじゅんさいの椀ものに夏の到来を感じ、稚鮎は香ばしく頬張り、赤だしの中に月心寺直伝ごま豆腐が入っていた時はサプライズをいただいたよう。

美味しさいっぱい、夏の息吹いただき、目を楽しませてもらい。

1839

細やかで和やかな接客にまた想い出を増やしてもらって帰路につきました note

花吉兆 京都市東山区大和大路四条下る 075-531-1500

club 目で楽しんでマス confident

1957

艶やかな綸子地に松竹梅が華やかに散らされ疋田や刺繍も豪華さを添えてくれる振り袖。

ふっと眺めて、ほんわりした気分に。

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月10日 (土)

青もみじもきれいな…

今日から急に寒くなるとか、北海道では雪が降ったと聞いて昨日は美豊スタッフ驚いてました snow

土曜日、いかがお過ごしでしょうか?

秋の紅葉できれいなお寺が今の季節、青もみじがとってもきれい!catface と感じていて。

昨日の朝、紅葉で有名な永観堂に寄ってみて。

東山が真っ赤に染まる中に多宝塔や唐門が浮かび上がる景色が印象深い永観堂。

若葉色のもみじにぐるりと囲まれた庭園はスケッチをする人や子どもと戯れる親子、散策する人、鳥のさえずりも聞こえ、のどか。

1878

優しく穏やかに微笑みながら首をかしげてみかえる姿の珍しいみかえり阿弥陀に手を合わせて。

1859

山の斜面に沿ってそびえる木造の臥龍廊、急な昇り階段は龍のお腹の中を歩く気分?!

続く多宝塔に登れば、京都の街を一望できて気持ちよいです note

紅葉の季節に満員列車状態で景色を愛でるのも美しいけど、今の季節山裾に広がる広々した境内や庭園を散策するのは素敵な散歩コースでおすすめ。

永観堂 京都市左京区永観堂町48

delicious 帰りに寄ったのは、お豆腐やさん「賀茂とうふ近喜」

1899

昨秋に鹿ヶ谷通りに豆腐京料理のいただける「爽草庵」がオープンし、1階ではお豆腐や湯葉、ひりゅうずなどが買えて。

1922

甘くてやわらかい汲み上げ豆腐のおぼろ豆腐(320円)と青大豆の香り豊かな青碧豆腐(580円)を。

ふわっと香りよく大豆の甘みいっぱいで口どけよく、何もかけずそのままいただき美味happy01

爽草庵 京都市左京区浄土寺下南田町129 075-771-3617 水曜休み

club 夏の装いって見る人をたのしませてくれるね、 と話しながら眺めて 

1789

露草の描かれた夏の染め帯。

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月 9日 (金)

今出川にて

連休から日常生活が戻ってきた、と思ったらまた明日からお休み happy01という方多いのでしょうか?

週末、お天気に恵まれるといいですね。

今日は、美豊からちょっと京都御苑の中を散歩しながらちょっと足を伸ばして shoe

御所北の通り、同志社大学キャンパス立ち並ぶ通り、大文字を横に、賀茂川と高野川が合流して川幅広い鴨川になる場所、今出川通り。

そんな今出川通りを1本路地に入ったところにひっそり建つ北村美術館へ。

1713_2

茶道関係の美術館の魁として、創設者北村謹次郎の蒐集品が観られる美術館。

今は「吉野懐古」展が。

1715

建物の階段を登り切った受付ロビーはこんな感じ。

段々に波打つガラス張りの向こうに新緑に包まれたお茶室が見えて、この風景が屏風画のよう。

展示は南北朝時代の吉野を懐古しての取り合わせ、「お茶室に入ったようにご覧いただけます」と受付の方が説明してくださり。

こぢんまりした空間に静謐な時間が。

吉野懐古展 3月18日~6月8日

北村美術館  京都市上京区今出川南一筋目東入る  075-256-0638

clip 春と秋にそれぞれ6日間ほど公開される茶室まわりの庭園については、9月上旬に電話で問い合わせを。

restaurant 北村美術館斜め向かい李青。

1711  

のんびりしたい時、韓国料理やお茶が味わいたくなったら訪れる李朝喫茶 李青。

1707

この季節は開け放たれた窓からそよ吹く風とお庭を眺めながら、本や雑誌も気軽に手に取ることのでき、まるで知人の家のリビングにいるようにくつろげ。

1708_2

ナムルや野菜、ひじきがいっぱいにのったビビンバ、自家製の青唐辛子の効いたコチュジャンを好みでのせてよぉーくかき混ぜていただき。

食後のピーチティーも香りよいまろやかな味、ぼってりしたカップ欲しくなり。

李青 京都市上京区今出川下がる二筋目東入る 075-255-6652

11時~18時 営業  月・火曜休み

club すっきりもかわいらしくも着られおしゃれ、と眺めていたのは

1656

全体に小花散らしの仕立て上がりの大島紬。

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月 8日 (木)

青紫の群生

お天気のよい日が続きますね sun

暖かくなると、花も眠りから覚めたようにどんどん開きますね。

このところまだかなぁ、と待ち遠しく時々足を伸ばして覗いているのが、大田神社の沢の自生の天然記念物の杜若。

昨日の朝はこんな感じ。

1843

神社入り口の沢が、剣先のようにすっくと伸びた緑鮮やかな葉で一面を覆い尽くされ、その表面に少し淡い青紫色のかわいらしい杜若が波間に浮かぶように花を広げ。

この大田の沢の杜若は平安時代から名高く、藤原俊成の「神山や大田の沢のかきつばた ふかきたのみも色に見ゆらむ」という花の一色の美しさを恋の一途にかけた歌でも知られていて。

今、見頃です。 wink

大田神社  京都市北区上賀茂本山340  075-781-0907

japanesetea おやつに買って帰ったのは

1633

大田神社よりもう少し南、北山通り近くの大きな和菓子や長久堂の「花面(はなおもて)」というお干菓子。

能面師の手による木型で形どったお菓子、というだけあり、どうりで表情が緻密でリアル。

味もそれぞれ違い、和三盆、空豆、抹茶、玄米茶、大豆という具合。

誰がどれをいただく?!で毎回盛り上がるお菓子、10個入り1260円。 

長久堂 京都市北区上賀茂畔勝町97-3  075-712-4405  10時~19時営業

club 「かわいらしい!」と声の上がった塩沢紬。

1670_2

左から干し網、糸車、兎柄。

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月 7日 (水)

和歌の家を訪ねて

連休が終わり、日常生活が戻ってきましたね wink

のんびりリフレッシュ休日、エキサイティングな休日、会いたい人と過ごした休日、どんな休日をお過ごしだったでしょうか?

昨日、現存する唯一の公家住宅で重要文化財の冷泉家の特別公開が5月3日から6日までのみ行われていたので滑り込みセーフで訪れて eye

冷泉家は京都御苑北の今出川通りの同志社大学の建物と建物の間にあり、きっと同志社大学の学生なら校舎から垣間見ることができるのでは、という場所。

1793

和歌の宗家としてその伝統を伝えてきた冷泉家。

ニュースで見た平安王朝絵巻のような歌会やお月見などの会は、庭園の小川のほとりで雅な風景だったような。

冷泉家に伝来する貴重な古文書、国宝の藤原定家筆の古今和歌集や明月記などを収める御文庫もあって。

1791

今回初披露された端午の節句飾り。

2体の大将人形と旗持ち、侍従、馬、縁起物の虎など。

ひとつひとつに願いや意味が込められているしつらえは、物語を読むよう。

冷泉家 京都市上京区今出川通烏丸東入る

japanesetea 看板が掲げてあれば、ついふらりと入ってしまう「染井」は同志社の学生にお馴染みのお店では?!

1725

お店はほんとに素朴、部活の帰り道や授業の合間のおしゃべりタイムにみんなが寄るような親しみある懐かしい感じ。

ここのおぜんざいのファンだけど、

1666

暑かったので、抹茶ミルク白玉かき氷。

氷粗めに抹茶のほろ苦さと白玉のやわらかさが涼しさ運んでくれて note

染井のかき氷、メニュー以外の組み合わせに応えてくれるところも嬉しい。

染井 京都市上京区梨木通今出川下る 075-231-3997 

11時~17時営業 金・土のみ営業

club 今日、水曜は美豊は休みをいただいていて。

1795

毎朝、花好きの店長のいける花をスタッフはたのしみにしていて。 

火曜は小さな星形の花を散らした山ぼうしにポンポンのような花をつけた大手鞠。

春を感じてマス confident

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月 6日 (火)

紫式部を訪ねて

京都は昨日は生憎の雨 rain 今日は連休最後の日、楽しい一日になるといいですね。

源氏千年紀、ということで様々な催しや展示を通して源氏物語がぐんぐん身近に感じられる今日この頃。

紫式部邸宅跡のお寺として知られる廬山寺を訪れて。

1531

このお寺の境内に紫式部は住み、源氏物語や式部日記を書き上げたそう。

今は新緑がきれい、街中にあるとは思えないほど入った途端に静かなお寺。

真っ白な砂と苔が敷かれた源氏庭は、紫式部にちなんだ紫の桔梗が6月に風雅に咲いて小さな源氏物語の世界を覗くよう。

2月の節分に大師堂で行われる鬼の法楽は、赤、青、黒の鬼が踊り舞い、紅白の豆と餅を投げ悪霊退散を祈願する行事で、とってもユーモラス、おすすめです note

廬山寺 京都市上京区寺町通広小路上る 075-231-0355

eye いつも覗くのが楽しみなお店 徂徠(そらい)。

1454  

御所南東の丸太町通りに面したお店は花や観葉植物が溢れていてついふらりと。

1階は茶花や山野草、観葉植物などが骨董とともに飾られた花屋さん。

1483

2階は日常使いできそうな骨董、3階はこんなリビング素敵!といつも思うギャラリーになっている空間。

居心地よい空間にほっこり catface

徂徠(そらい) 京都市上京区丸太町通河原町西入る 075-213-2220 木曜休み

japanesetea 昨日は端午の節句でしたね。

うっかり忘れていて慌てて買いに行ったかしわ餅。

1786

よもぎ餅に包まれたつぶ餡、餅に包まれたこし餡、みそ餡の3種類を買ったのはよく行く美玉屋。

お餅は弾力あり香りよく、餡はあっさり素朴な味でおいしくて。

大好きな黒みつのだんごも買いました confident

1787

上新粉のお餅はもちもち、黒蜜に包まれた上にきなこがたっぷりかけられた団子は売り切れたらおしまい、の近所の人もひっきりなしに買いに来るおやつ。

今の季節のよもぎ餅も香り豊かでお餅のやわらかさとつぶ餡の甘さが大好きな1品。

美玉屋 京都市左京区下鴨東本町18-1 075-721-8740 火曜休み

club ふんわりした色に春を感じた帯。

1694_2

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月 5日 (月)

源氏物語に魅せられて

京都はこのところ初夏のような陽気 clover

楽しい連休お過ごしでしょうか?

今年は源氏物語が書かれてから千年紀、ということで京都ではいろいろな催しや展覧が。

これは絶対に観にいくべき!と薦めてもらい訪れたのは御所北、相国寺の承天閣美術館。

1641_2

自動車や自転車の行き交う広い広い境内いちばん奥に進むと承天閣美術館。

今、山口伊太郎遺作展 源氏物語錦織絵巻 全4巻が。

西陣紋織物で国宝源氏物語絵巻を現すことを志した70歳から昨年105歳で亡くなるまで寝ても覚めても寸暇を惜しみ日常の全てを費やした作品は「現代の奇跡」と言われる言葉がぴったり。

観ている人たちが作品をひと目観た瞬間、息を呑んで絶句する声が漏れ。

1777

原作に忠実にありながら、十二単衣の重ねた見事な衣装や御簾の透け感、蒔絵の家具模様の表現、人物の表情など帯織り技術で現しているすごさは感嘆するばかり。

ぼってりした匂い立つような紅梅で恋の始まりを、風に揺れる簾越しに覗く黒髪をかい間見ることにどきどきする躍動感を持たせることで物語に息吹きを与え。

これだけの作品が産まれるまで、どれだけの設計図が描かれ、糸を納得ゆくまで染め直し、試行に試行を重ねて取り組んだかの解説を通して、そして作品の圧倒的な美しさと迫力を目の前に、伊太郎というひとりの人が真摯にひた向きに取り組んだ姿に大きく心揺さぶられ胸にこみ上げながら観て。 weep

7月まで開催されているので、ぜひ、おすすめ eye

山口伊太郎遺作展 源氏物語錦織絵巻 4月27日~7月6日

相国寺 承天閣美術館

金閣寺の伊藤若沖襖絵や金閣寺庭園にある茶室夕佳亭のしつらえも観られます。

japanesetea 美豊でのひとやすみに

685_2 

亀屋友永の松露は、こっくりした緑茶によく合って confident

中にあっさりしたこし餡にすり蜜の衣をかけた「松露」という名称は、この店からとか。

他に大納言納豆のついた「岩衣」やはんなりした色のたのしめる三色松露も人気、グラムで買えるところも嬉しい。

亀屋友永 京都市中京区新町丸太町下がる 075-231-0283

club ふわりと涼風が舞い降りたように感じたのは

1731

水草に蜻蛉、薄い水色がかった淡い薄緑色の絽附け下げ。

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月 4日 (日)

真如堂

よいお天気、行楽日和、おでかけに絶好な日が続きますね sun

いかがお過ごしでしょうか?

散歩、といえばこの前散歩していてちょっと道に迷って偶然入ってみたら、溶けてしまいそうに気持ちのよかったお寺真如堂。

1623

光の透ける若葉のもみじがさらさらとそよぐトンネルの下を通ると、かわいらしい三重の塔。

江戸中期建立のもの、とか。

見事な紅葉で有名な真如堂、若葉のもみじが枝を広げ、お寺の広大な境内全体が若草色に染まって、鳥がさえずる中でほーっ catface

近所の人たちが思い思いにくつろいでいて。

真如堂  京都市左京区浄土寺真如町82 075-771-0915

cafe ちょっとひと休み、吉田山の中腹にある雰囲気あるティールーム真古館。

1607

元東伏見宮家別邸として建てられた料理旅館、吉田山荘の敷地内にあるティールーム。

1611

豆乳の入ったチョコレートケーキとひらがなで「かふぇおれ」と書きたくなるようなやさしい味。

女将が季節に合わせて書く平安古歌が添えられて。

大きな梁のある天井やガラス窓から入るこもれ日が気持ちよく。

ティールーム真古館  京都市左京区吉田下大路町59-1 吉田山荘内

075-771-6125  11時~17時30分 不定休

club とてもおしゃれだろうな、と眺めていたのは

1697

夏の大島紬。

動くたびにさらっさらっと透ける夏の大島、きもの姿で涼しさを運んでくれそう。

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月 3日 (土)

哲学の道辺りで

連休、ずっとお天気に恵まれていますね sun

いかがお過ごしでしょうか?

新緑の庭園が素敵、と聞いて訪れた哲学の道に面した白沙村荘 橋本関雪記念館。

日本画家橋本関雪が住み、ここで画を描き、自ら樹や下草の配置、池、石像をどこに置くかもこだわった庭園は新緑が目に鮮やかで catface

妻のために造った茶室はこんなにかわいらしくて

1259

やさしい画はこんな景色を眺めながら産み出されたのかな。

1264

隣はカフェテリアやお食事処。

1262

橋本関雪記念館 京都市左京区浄土寺石橋町37 057-751-0446

eye まるで宝物箱のようなお店だよ、と友達に教えてもらったアンティークス トリュフ。

1630

素敵な響きのお店の名前!と期待に胸膨らませ訪れると、北欧やヨーロッパなどのアンティークの陶器、ガラス、ホウロウ、家具、布、籠、おもちゃなどなどが楽しく飾られ。

1636

たくさん欲しくなりながら、やっぱり最初に目に飛び込んできたこれに決まり!

イギリスのスポード製100年前ほどのモーニングセット、田園風景がのどかで惹かれてlovely

たっぷりとミルクティーを注いで、朝食から豊かな気分になれそう。

アンティークス トリュフ 京都市左京区鹿ヶ谷西寺ノ町66 075-751-0937

club 眺めてほんわり。

1663

花の丸の帯。

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月 2日 (金)

銀閣寺 東求堂

よいお天気の日が続きますね sun

名古屋、まだまだ行きたいところ、食べたいものあって不完全燃焼ながら、京都へ帰って来ました coldsweats01

銀閣寺へ朝寄って。

国宝の東求堂(とうぐどう)が特別公開中。

1240_2

阿弥陀如来像と木で造られた足利義政公に手を合わせ、四畳半の書院造り「同仁斎」。

高麗青磁の水滴、雅な平安絵巻がほどこされた義政好の硯、一点の曇りもないどこまでも透明な水晶をくり抜いた文鎮、などが当時の義政公が机に向かっていたように飾られ。

銀閣寺のスタッフの方が丁寧にひとつひとつ説明してくれて。

義政公の姿が浮かぶように感じ confident

真っ赤に色づいたもみじのようなきりしまつつじも満開で、緑の山に鮮やかに映えて今見頃 eye

銀閣寺特別拝観  3月15日~5月18日

ほろ酔いの人たちがストーリー仕立てになったほんわりした与謝蕪村の襖絵も春にぴったり。

japanesetea 銀閣寺のショップでしか買えないおいしいお菓子!と教えてもらったのが

1285

俵屋吉富の銀沙灘(ぎんしゃだん)。

銀閣寺庭園に砂の湖を広げる銀沙灘を型取った方は、浜納豆入り玄米生地の押し菓子。

月待山に昇る月を賞でるための向月台を型取った方は、ごま入り寒梅粉生地押し菓子。

どちらも甘さ控えめ、お茶によく合います。

俵屋吉富 銀沙灘 10個入り 945円

japanesetea 今日いただいたお菓子

1235

京華堂利保の「井出の里」と「川面」。

初夏を感じながらおいしくて catface

京華堂利保 京都市左京区二条通川端東入る難波町 075-771-3406 日曜休み

club こんなきものがさらりと似合うようになりたい、と眺めて

1660

明るい白茶色の紬地に御所解きが総付けになった訪問着。

帯はムガ糸織りの帯。

黄緑色の小さな星形の花がかわいらしい山ぼうしと。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

2008年5月 1日 (木)

名古屋にて2

五月が始まり、新しい月のスタート。

京都では鴨川で川床が始まりましたね fish

昨日に引き続き、名古屋をたのしんでおります happy01

Photo

暑~い、という声が聞こえてきそうな東山動物園の白くま。

東山動物園って山全体が動物園と植物園になっていて、広々してますね。

樹に器用につかまり昼寝するコアラも気持ちよさそう。

1553

お昼時間をはずれていたのに、ひっきりなしにお客さんが入ってきていた蕎麦や「春風荘」。

1554

天せいろ2枚、お店のおすすめの冷たいせいろに温かいだしで薬味を入れていただいて。

蕎麦は細くてあっさり、もう少しいただけたかなぁ。

そば春風荘(しゅんぷうそう) 名古屋市中区千代田3丁目31-20  052-331-5075

11時~20時 木曜休み(ただし祝日は営業)

eye 観たかったのは名古屋市立博物館の小袖ー江戸のオートクチュールー展。

1559

江戸時代の上層階級の女性が纏った小袖は、絹地に刺繍、染めがほどこされた贅をつくした注文によって誂えられたオートクチュール。

一見しただけで気の遠くなるほどの職人の手業がほどこされた美しさに息をのみ、大胆で伸びやか、自由闊達な遊び心溢れた意匠に和み catface

能装束や蒔絵の化粧道具、かんざしなども観られ。

図録2冊買って大満足。

1556

名古屋市立博物館、つつじと藤が満開 note

小袖展 4月26日~6月8日 

名古屋市立博物館  名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1  052-853-2655 

まだまだ居たかった名古屋、後ろ髪を引かれながら京都へ帰りマス wobbly

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

 

|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »