« 河井寛次郎記念館 | トップページ | 寺町散歩 »

2008年4月20日 (日)

川鍋暁斎展

週末の日曜日、いかがお過ごしですか?

若葉が鮮やかな季節になりましたね happy01

京都のいろいろな場所で目にする京都国立博物館で開催中の河鍋暁斎展のポスター。

ずっと行きたくて。

1087

入り口ではこんな横に長ーい大きな大きな看板が。

1100

京都博物館は広い広い庭園になっており、暁斎展は重要文化財の赤れんがフランスバロック様式を取り入れた建物にて。

庭園散歩、素敵 note

1096

浮世絵、狩野派を学び、幕末、明治期の江戸で活躍した暁斎は莫大な作品数があるにもかかわらず、今まではあまり知られていなかった、とか。

市井の人々を紙面から今にも飛び出してきそうなくらい、生き生きと描いたかと思えば、あっと驚く奇想的作品あり(どろろの世界、というキャッチフレーズ)、温かいまなざしに溢れた叙情的なもの、美しい作品あり。

でひとくくりで言い表せないところに暁斎が今まで取り上げられなかった理由か、と。

とにかく画家の発する圧倒的なエネルギーに息を呑みながら eye

河鍋暁斎展 4月8日~5月11日  京都国立博物館 月曜休館

京都市東山区茶屋町527   075-525-2437  9時30分~18時開館

京都国際マンガミュージアムでも暁斎がたのしめます。

restaurant 今日行ったのは菜根譚(さいこんたん)

557

友達と映画を観た後(新京極の映画館から近い)や、野菜もしっかりいただきたい時に来る中華のお店。

おくどさんの横を通り奥に進むと、中庭見えるお茶室あり、はなれあり、2階ありの町屋。

565

お昼の菜根譚お弁当1800円。

にらまんじゅうや黒酢酢豚、サーモンのサラダや貝柱の和え物、水餃子、生姜ご飯などなど、季節によって内容が変わって。

菜根譚(さいこんたん) 京都市中京区柳馬場通蛸薬師上る井筒屋町417

075-254-1472  11時30分~14時(昼)と17時~22時(夜)

club きものって小物でいろいろたのしめるんですね。

1043

白と黄味がかったオレンジ、桃色を手組みしてある帯締め。

少し落ち着いたオレンジの色味のとんぼ玉つき。

むが糸織りの白、ベージュ、明るい灰色のあっさりした帯にアクセントを置いたらおもしろいかなぁ、と。

美豊にて。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 河井寛次郎記念館 | トップページ | 寺町散歩 »

京都ごはん」カテゴリの記事

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河井寛次郎記念館 | トップページ | 寺町散歩 »