« 焼きたてパンでブランチを | トップページ | きもので京都の美術館はいかが? »

2008年3月11日 (火)

京都 麩嘉

麩嘉の麩饅頭が食べたーい!

昨日から思い立ち、電話で予約。

もちっとした食感、笹の香りを吸い込みながら、あっさりこし餡との絶妙な調和。

1つ200円、5つ箱入り1000円、賞味期限3日。

お茶と一緒におやつにいただきます。

若草色のお麩はよもぎと思いきや、実は青海苔が織り込んであるそう。

Img_0535

お店は京都らしい町家に暖簾が目印。

御所西、丸太町通りを西向きに、西洞院を上に上ればお店が。

京都のお土産にぜひ。

麩嘉

京都市上京区西洞院上る西

075-231-1584

営業9時~17時

月曜休み

予約を入れたほうがよいです

Img_0533_2

錦小路堺町角のお店でも買えます。

075-221-4533

お店はこんな感じ。雰囲気たっぷり。

☆今日の私のきもの

薄いグレー地細かい縞のシャリっとした大島紬にさっくりした紬の帯。

どちらも美豊のもの。

Img_0527

歩くたびにシャリッシャリっと軽やかな音のする大島紬は今日のような春の気分にぴったり。

ベージュのいろいろな色の入った帯は締めているのを忘れるほどとても軽く、いろいろな着物に合わせやすいです。

Img_0528

今日は、マイハンドメイドの帯留めをアクセントに。象に花です。

美豊URL

http://homepage3.nifty.com/bi_ho/

|

« 焼きたてパンでブランチを | トップページ | きもので京都の美術館はいかが? »

京都和菓子」カテゴリの記事