« 末富のお菓子 | トップページ | 京都隠れ家のようなティールーム »

2008年3月19日 (水)

細見美術館へー源氏絵と雅の系譜ー

京都は天気予報通り雨がしとしと。

朝に蕾みだった木蓮がお昼にはほころび始めて。春の雨ですね。

美豊休みの水曜、岡崎の細見美術館へ。

003

今年は源氏物語が書かれてから千年という年だそう。

千年も読み継がれている物語ってすごい。

屏風に、かるた、蒔絵、幽玄の世界に想いを馳せて。

染織、漆芸の世界などに今も源氏はイメージの源泉とか。

細見美術館

京都市左京区岡崎最勝寺町6-3

075-752-5555

http://www.emuseum.or.jp

月曜休み

会期中イベントあり

4月5日(土)

染織家 志村ふくみ・洋子氏講演会

010 美術館併設ショップ、アートキューブでの買い物も楽しい。

☆これはなんでしょう?

Img_0735

実はレッグウォーマー。

私はもっぱらアームウォーマーとして。

冬のきものの袖からすーすー風が入る時、どれだけお世話になったことか。

今も朝方の肌寒い時は腕をガード。ぽかぽかしてきたら、するするっと外して体温調節。

ちらりと見えた時、「なにー??かわいいー」と言われるのも嬉しくて。

今日はグレーのセーターに真ん中のオレンジのを合わせて。

何でもないセーターが大変身。

綿100%、1組1050円。

ギャラリー遊形にて買えます。

ギャラリー遊形

京都市中京区姉小路麩屋町東入る

075-257-6880

美豊ホームページ

http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 末富のお菓子 | トップページ | 京都隠れ家のようなティールーム »

美術館・博物館」カテゴリの記事