« きものまわりのこと | トップページ | 乾山の芸術と光琳展 »

2008年3月 7日 (金)

京都御苑の梅

日差しは暖かいですが、吹く風は冷たくまだまだコートの衿を思わずかき合わせてしまいますね。

京都は例年より満開は少し遅いそうですが今日は美豊から歩いて2分、目の前の京都御苑へ行ってみました。

約200本あるという梅林は少しづつ花をつけている樹も見られ満開のときは「ほんわり」した香りが漂いとてもきれいです。

これから見頃を迎える京都御苑。

是非一度お出かけになってみてはいかがでしょうか?

写真は烏丸丸太町に近い間ノ町口から入った閑院宮邸跡付近で撮影したもの。

Img_2283

Img_2287

☆私の今日のきもの

黒地に細い水色格子柄の紬と白地塩瀬の染帯。

水色の帯揚げと帯締めで明るくコーディネート。

黒地格子柄の着物は見た目と違ってとても軽く裾さばきがよく、とても着心地がいいです。

染め帯は古い焼き物を写したものだそうでオレンジ、黄、そして緑などいろいろな色が入っていて「ほんわり」した雰囲気で締めていると人から誉めていただくことが多いです。

Img_2317

Img_2316

|

« きものまわりのこと | トップページ | 乾山の芸術と光琳展 »

京都御苑」カテゴリの記事